Cycling Diary

サイクリング日誌

千葉競輪場で久しぶりにレース強度で走ってみる。

今日はRCCのメンバー呼びかけにより、再び千葉競輪場で走らせてもらってきました。

以前のようにRCCだけのトレーニングではなく、プロの競輪選手が今後主催していく記録会のプレ大会として参加させていただきました。

参加して走る方は本当に老若男女、千差万別でピストは当然のことながらロードバイクも受け入れていただきました。

ウォーミングアップでバンクを走ろうとしたらEdge520jが起動しない‥。
昨日100%充電したのでちょっと困惑‥。
仕方がないのでSTRAVAを立ち上げて走ることにしました。
家に帰っても起動しなかったのですが、初期化を覚悟で立ち上げたらどうやら昨日電源を切っていなくて電池がなかった模様。
明日実走で確認するまでは安心できませんが‥。

まずは1kmの個人TTからスタート。
日本写真判定さんが協力してくださっていてチップをつけての本格的な測定会です!
が、希望者のみということだったので、若い学生さんや子供達を優先させて自粛。

競輪学校の合格基準は69秒以内だそうです‥。絶対無理。
RCCで今後バンクのレースに出ようとしている方は78秒! これでもかなりすごいんですよ。

f:id:timevxrs:20180310213000j:plain※いや速い。私より年上というのが嬉しい。

子供達も頑張っているし天気もいいし眠たくなる(笑)

そのあとはピストの方達で25週のレース。
先行する人やまわして走ろうとする人などがいて見ているととても楽しい。
客観的にレース見てると参考になることが多いです。

さて次はロード組の25周レース。
ほとんどRCCのメンバーだけどRoppongi Expressのジャージを着た方もいてすごく楽しみ。
というかこれに出なかったらウォーミングアップしかしなかったことになってしまうので、絶対に出ないとダメ(笑)

ものすごく久しぶりにレース強度で走ることとなると思ったので、なるべく前目で回すようすることに決めていました。

E1クラスの方が2名いると思うのですが、どのくらい差があるか理解できるというのもありがたい。

結果天と地ほどの差があることがわかる‥(涙)

多分2〜3周めで私が先頭から後ろに下がろうとした時にアタックしていて脇を通るスピードを見て瞬間的についていったらアカン‥と判断。
それでも集団で走れば捕まえられると思っていましたが全然追いつかない‥。
レース後聞いたらアタック時が50km台(たぶん中盤から後半)でその後43〜44km/hで巡航していた模様。
そりゃ追いつかん。

でも最後にRoppongi Expressのジャージを着た方は追いついた模様。
細いのにすごいなぁ。

なんとか詰めたいと思っていながら走っていたら集団中切れで3名の小集団から切れる‥。
全力で詰めましたが足りなかった。
予想通りスプリント強度が低いというのがわかったのは悲しいけど収穫。

その後最終周と間違えてスプリントしたメンバーにつられてスプリントして終わった〜! と思ったら終わっていなかったというバカな結末(笑)

久しぶりにレース強度で走れた上にさらなるトレーニングポイントを見つけられたのはよかったです。

最後はプロの選手も参加して競輪。
ピストメンバーのみの参加でしたがいやプロの選手段違いで笑ってしまった。
いや当然か(笑)

f:id:timevxrs:20180310215523j:plain※選手ジャージを着ているところがいい感じ。

久しぶりにちょっと血の味がしてとてもいいトレーニングとなりました!

平地の巡航速度が速くなれればいいに決まっているので、強化していこう!

競輪文化

競輪文化

 

↓自転車ブログランキングに参加しています。クリックして応援していただけると嬉しいです!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村