Cycling Diary

サイクリング日誌

二日連続でも前日のTSSが200未満なら短時間は踏めるようになってきた

昨日のライドで150km以上運転してからすぐに高強度で走ってそのまま帰宅したためかなり疲れて20時には就寝‥。
1時に目が覚めてそういえば今日チームのグルメライドが7時からあったと思いアラームを6時に設定。
見事に寝坊して6時40分起床‥。
1人だと絶対超適当に走ると思ったため急いで支度してライドに参加することにしました。
ポタリングだしメンバーも大人が揃っているから大丈夫と思っていたら昨日TSS400稼いでいるエースクライマーも急遽参加していた‥。
ちなみに私は前日のTSSが200弱。
ということでメンバーは総勢5名です。

急遽参加した2人は午前中縛りだったためグルメライド最初の目的地「オギノパン」までとりあえず向かうことにします。

尾根幹線最初の坂は先頭で入ってある程度の強度で踏んでみると意外とこのくらいの坂なら踏める気がしました。
クジラ橋を越えた坂でエースクライマーがスピードを上げたので「トレーニング、トレーニング」と言い聞かせてとりあえずついていきます。
若葉台坂の手前で先頭に出て少し強度を落とそうと思ったら思いっきり見透かされていてすぐに前に出てきてしまったのでここもトレーニングと言い聞かせて強度を上げます。離されたけど‥。

その後Mさんが三段坂でいきなり強度を上げたのでエースクライマーが追うのにツキイチで走ります。あぁキツい。

南野セブンイレブンでMさんが途中落とした(多分)ガーミン(時計型)を拾っていてくれたOさんとSさんを待ちますがすでに出し切った感満載‥(笑)
VAAMのせいか汗がとんでもなく出てくる‥。
10kmちょいでTSS50近いよ‥。

これは持たんと思ってここからは大人の走りを私が見せつけます(笑)

が、結局ぐりーんうぉーく多摩でも先頭で入ったMさんがやたらと速い人の後ろに入ってしまってとんでもないスピードで走る羽目になりましたが‥(笑)

今日の本来のルートはオギノパンに行ってから半原越(リッチランド側)を上ってSTUMPに行くとのこと。
ということは串川橋セグメントを通るということですね。
絶対エースクライマー強度あげるでしょうね! ということでセグメントに到着。

最初の坂でまぁまぁいいスピードでMさんが入ったなと思ったらもうエースクライマー発射‥。
オギノパンまでだからと言い聞かせてついていくことに。

上りきったところで先頭に出て走りますが、折り返しの上りですぐ前に出てくる‥。
もう習性なんだなと思いセグメントの最後で差すことを決意。かなりせこいけど‥。

とすると残りの坂はあと2つ。長い方の坂を耐えれば勝利確定(基本ついているので負けだけど)と言い聞かせてシッティングのままギアをできるだけ軽くしてケイデンスを上げてついていきます。初見の坂だと心が折れやすいですが、ここならば坂の長さを知っているので耐えられそう‥いや耐えなければなりません。

最近坂でギアを思ったより軽くした方がスピード維持がしやすいということとシッティングじゃないとスピードが落ちるということがわかってきました。
あくまで私の感覚ですが、踏み切らないといけない坂で腰を上げた瞬間トータルで遅くなる気がします。
後ろについている時もスプリント以外前走者が腰を上げたらもうキツくなっているという認識でいます(アウターで踏み切れるくらいの坂限定)

私がそういう坂で腰を上げたらまず間違いなく脚にきています(笑)

エースクライマーはずっとシッティングでした。ということはまだ余裕があるというのが私の考察。

頂上付近でケイデンスを上げてなんとか剥がれずにすんだので勝利確定(多分)
最後の緩斜面の上りでスプリントしてなんとか先着。

本当に強いなぁ前日TSS400ですよ。信じられない。
このセグメントの後半部分で2人共ランクインしてた‥。
いかにエースクライマーが強くなっているかの指標としてとても有意義なセグメントでした。

もうさすがにいいだろ!(笑) という感じでオギノパンまでの上りは超マッタリ走り朝からなにも食べていなかったのでがっつりパンとコーヒー牛乳補給しちゃうよ! と思っていたら開店9時半だった‥。

なんか強度上げすぎて予定より大分早く着いてしまった模様‥。
まだ8時45分‥。

f:id:timevxrs:20180917234359j:plain※そもそも開店少し前に到着する予定だった模様‥。

20分くらいなら待ちたかったけどさすがに45分は‥ということで2人で折り返すことにします。
残りの3名は開店まで待つとのことでその後も走り続け結局150km近く走っていました。グルメライではなかった模様(笑)

帰路はお互いいつもよりは強度が低かった気がするけどできることはした感じで今日は終了。

昨日の疲労を言い訳にできたけどそれ以上の疲労を抱えている人がいたため踏まざるを得ず結局ものすごくいいトレーニングになったというライドでした。

f:id:timevxrs:20180917235508j:plain※そういえばRXR復活! そしてシャマルウルトラも復活! アルミの方がカーボンホイールより進む気がする‥。

TIME RXR Ulteam-Edge520-SHAMAL ULTRA

乗車時間:2時間23分5秒
距離:67.08 km
平均速度:28.1 km/h
平均ケイデンス:82 rpm
平均心拍数:129 拍
最高心拍:173 拍
消費カロリー:1,370 kcal
高度上昇値:721 m
左/右バランス:52% 左/48% 右
平均気温:26.9 ℃

明治 ヴァームウォーターパウダー グレープフルーツ風味 5.5gx30袋

明治 ヴァームウォーターパウダー グレープフルーツ風味 5.5gx30袋

 
明治 スーパーヴァームパウダー パイナップル味 10.5g×12袋

明治 スーパーヴァームパウダー パイナップル味 10.5g×12袋

 

↓自転車ブログランキングに参加しています。クリックして応援していただけると嬉しいです!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

RCC 宇都宮トレーニングライド

今日は宇都宮まで遠征してRCCのトレーニングライドに参加してきました。

JBCFのレースがこの地域で多く開催されるため、もはや宇都宮まで行くことになにも躊躇がありません(笑)

今回は単独で行こうと思っていましたが、Mさんが一緒に行きたいとのことだったのでまずは彼の自宅まで迎えに行きます。
家を出る時に連絡したのですが返事なし。
寝てるな‥。

到着直前に起床したらしく眠気眼のMさんをピックアップ(笑)
高速に乗る直前にMさんがヘルメットを忘れていることに気づき再度Mさんの自宅へ‥。
彼はナイスキャラだから許せます(笑)

ということで今年に入るまで走ったことのなかったのに今年に入ったらやたらと走っている東北道を北上して宇都宮森林公園に到着。

ここは毎年開催されているジャパンカップのコースなんですね。

今回はブリジストンアンカーや宇都宮ブリッツェンで活躍された普久原 奨さんとライドができるとのことで非常に楽しみにしていました。

駐車してから挨拶に行ったらRCCのメンバー以外にも他のチームの方々が結構いらっしゃる‥。
本気のトレーニングとここでようやく認識‥。

参加されていたのはRIDE Freaksのメンバーの皆さんとブラウ・ブリッツェンの大岩選手(女性)で総勢20名くらいかな?

f:id:timevxrs:20180917201624j:plain
※軽い気持ちで来ていたので気を引き締めます!(遅い‥)

まずはRIDE Freaksさんが練習されている周回コースまでグループを分けて走ります。
緩いアップダウンでめちゃくちゃ走りやすい!
しかも信号が皆無といっていいほど少なくスムーズに進みます。結構いいスピードだったけど‥。

あっという間に15kmくらい走って周回コースに入ります。
信号はなくキツい傾斜の上りはないのでなんとか最後まで食らいつきたいところ。
メンバーは基本JBCFに登録していてE1からE3までごちゃ混ぜです。

f:id:timevxrs:20180917201924j:plain※こんないいコースで毎日のように走りたい。

f:id:timevxrs:20180917202027j:plain※かなりいい天気でした!

1周約15kmのコースを2周回。
まさにE3の距離。

【1周目】
人数が多くなかなかローテも回ってこないので結構楽に走れます。
1つ目の坂で多少集団崩壊したと思うのですが、坂に入ったところで先頭にいたため強度を落としながら集団の最後尾について走ります。
JBCFでもこうできたらかなり楽だなと思いました。
坂はすべてアウターでクリアできますが、最近ある程度負荷をかけないといけないギア比よりも少し軽いかな? と感じるギア比でクルクル回した方が速いと気付いたのでそれを実践したらやっぱり軽いギア比の方が前と距離が詰まるのでこの方がいいと確信。
重いギア比でも差は詰められますがその後のダメージが大きいです。
勝負がかかっていたら重いギア比だと思いますが。
下り基調の平坦もローテに入って意外と楽に終了。

【2周目】
1周目の感触からとりあえず最後まではいけるんじゃないか? と淡い期待を感じましたが、いつものJBCFのように途中で千切れた‥。
特に問題ないと思っていても急に踏めなくなるんだよなぁ。
これは毎度なのでデータを確認すると2週目の7〜8km地点上り基調緩斜面で急にきつくなって千切れています。
千切れた時はだいたい250Wくらい。
楽に感じた1周目もだいたい同じくらいのワットなのですが、瞬間的に400W以上出したりしているのでここが大きな違い。
余力があるから集団に留まるため瞬間的にパワーを出して対応しています。
2周目は余力がなかったというのがすべてでしょう。
ただ千切れたあとにまったく踏めないかというとそうではないので瞬間的にワットが出せる力量が必要ということになります。
対応ができなくなって無理をしてきているのが心拍数でわかりました。
千切れる直前に170拍を超えています。私のデッドラインであるこの心拍数まで行かないように瞬間的なパワーを発揮できる体づくりが必要ですね。

あと周回終了後やはり最後は気持ちが大事ということを再確認。
短い坂で食らいついておけば下り基調の平坦はなんとかなるだろうからそこまで食らいつく気持ちが一番大事なような気がします。オールアウトはしてないですからね。

と非常に為になるライドとなりました。

 少し休憩してから森林公園に戻ります。
ここもなるべく前目にいるようにし最後まで力を抜かないようにして一旦終了。

その後ジャパンカップのコースを試走しました。
今年から鶴カントリーの坂がなくなり1周約10kmの周回コースになるそうです。

古賀志林道手前でブラウ・ブリッツェンの大岩選手に2分台で走れればかなりいいと教えてもらいやや疲労しているけどがむしゃらに突っ込んでみる(笑)

後ろからチェーン音がするので振り返ったらE1のSさんと登録はしていないけど同等の力を持っていそうな大学院生のNくんが来ていたのですが、とりあえず気にせず踏み続け途中Nくんに抜かれSさんにも抜かれる‥。
余力はあったので頂上が見えたらかけてみようと思いましたが意外とすぐ頂上だった‥二人が頂上直前で抜いていたので追いついたけど抜くのは自粛。
ちょっと恥ずかしいから(笑)

下りは苔が満載(レースの時は焼きはらうそうです)でとてもじゃないけどまっとうに下れたものじゃないのでめちゃくちゃゆっくり下って後続に接続して周回終了。
あのアップダウンを15周回くらいするそうで考えただけでも吐き気するわ(笑)

結果古賀志林道は4分4秒。
ちなみに2分台に入ったらほとんどKOM確定じゃないか!
サラ脚でも2分台は無理だな‥。

解散後はMさんと近場でラーメンを食べて一気に東京まで戻りました。
一人で行ってたら眠気で何回か休んでただろうな‥。
ずっと喋っていてくれたので非常に助かりました。

f:id:timevxrs:20180918000931j:plain※餃子も一緒に頼みましたが麺が思ったより多くてお腹パンパン‥。


宇都宮まで行った甲斐は十分にありました。
一緒に走ってくれた皆さんどうもありがとうございました!

※普久原 奨さんのお店

サイクルショップ「Ashiviva(アシビーバ)」

TIME RXR Ulteam-Edge520-SHAMAL ULTRA

乗車時間:1時間52分7秒
距離:65.50 km
平均速度:35.1 km/h
平均ケイデンス:91 rpm
平均心拍数:140 拍
最高心拍:176 拍
消費カロリー:1,271 kcal
高度上昇値:512 m
左/右バランス:52% 左/48% 右
平均気温:26.2 ℃

ジャパンカップ サイクルロードレース 2011 [DVD]

ジャパンカップ サイクルロードレース 2011 [DVD]

 

↓自転車ブログランキングに参加しています。クリックして応援していただけると嬉しいです!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

年に1回(予定)の林道3,000mUPを敢行!

昨日は年に1回だけ走ろうと思っている林道ライドを走ってきました。

昨年は単独走行で途中ハンガーノックになりあまりいい思い出はありませんが、今年はチームメイトのKさんとRCCのMさんと一緒に走ることができました。
timevxrs.hatenadiary.jp


大半が林道となるため複数人で走る方が安全です。
林道は人と会うことはほとんどないのでトラブル対応できるためです。

当日は矢野口ローソンに7時集合。
一番乗りしましたが財布忘れた‥。

少しして到着したKさんに財布を取りに戻ることを伝えて再度矢野口ローソンに到着後ライドスタート。

金曜日の夜に結構お酒を飲んでしまいあまり調子がよくない‥。
その上お腹もゆるい‥。
20km地点でトイレ休憩を入れてもらう始末‥。
林道ライドは下りもスピードが出せないためかなり時間がかかるのに主催者がこれじゃ面目なし‥。

みんなに悪いなぁと思いつつもまずは醍醐峠。
ここはゆったりとMさんに着いていきます。
Kさんは調子が良さそうで先行。

台風の影響が心配でしたが、落石はあるものの前回上った時よりは問題なし。
落石はあるもののいつも通りの醍醐峠でした。
timevxrs.hatenadiary.jp

 f:id:timevxrs:20180909184913j:plain※Mさん徐々に上れるようになってきているな‥。負けないように頑張ろう。

醍醐峠を通過して一旦和田峠の茶屋でドリンク補給。
藤野側に下ったらすぐに次の林道に入ります。

ここは全員パックでクソみたいな傾斜になったら「下ってる?」「全然傾斜上がらないなぁ」などと暗黙の了解で励ましつつ(笑) 進みます。
ここはアスファルトが綺麗ですが、落石と枝が多くて疲れます。

林道の下りはほとんどブレーキをかけっぱなしなので手の握力がなくなってきます。
今回はかなり下りがきつかったです。

名もなき林道を終えたら最後の峠「厳道峠」を目指します。
人と走っているからかちゃんと補給ができていたからかはわかりませんが、前回のような酷い状態にはならずかなり余裕がある感じで走れました。
RXR Ulteamがまだ修理中でインナー36Tを積んでいるLOOK 586で走ったというのが大きな要因かもしれませんが。

厳道峠までの悪意あるアップダウン(笑) をこなして1年以上ぶりの厳道峠。
ここはMさんが珍しく坂でグイグイ牽いてくれるので、リスペクトの意味を込めて今日初めてそれなりに踏みました。

それでも思ったよりMさんからタイム差を稼げなかったので、もっとトレーニングが必要ですね。

f:id:timevxrs:20180909190136j:plain
※正式名称は「野原林道」でしょうか? ここから三方向に下れるのでどれがその名称かわかりません。

f:id:timevxrs:20180909190310j:plain
※暑いはずですが今年はそれ以上の暑さを多々経験しているので意外と快適に感じました。

さて厳道峠の下りがいままでに経験したことがないくらい落石祭りでした。
さらに一部雨水が溢れ出していて注意しなければならず、ずっとブレーキかけっぱなしです。

道志みちに出るあと少しというところでMさんが転倒。
残念ながらKさんも巻き込んでしまいました。
スピートは10km/hも出ていないというのと下が濡れていたのでそれほど大事には至りませんでしたが、やはり一人で走るのは危険ということを再度確認。
パンクは準備できるけどエンド曲がりはそう簡単に対処できないですからね。
今回はそいうトラブルはなかったですが、心してかかろう。

f:id:timevxrs:20180909195828j:plain※転倒してしまった二人は水汲み場で傷口を洗いました。ジャージが少し切れてしまいました。

水汲み場を出たところでKさんは時間の関係で離脱。
本当に時間のかかるルートです(笑)

転倒してしまったMさんはいい意味でスーパポジティブなので自転車が問題なければ行くということで獲得標高3,000mを目指してルートを進みます。

道志みちから通常とは逆ルートで道志ダムに出て林道(たぶん)を進みます。
ここは激坂などではなく緩やかなアップダウンですが、思いっきり倒木してた‥。
こりゃあかん。

f:id:timevxrs:20180909200644j:plain※やはり台風の影響はありました。

いろいろとあり最終的には暗くなりかけましたが、今年もなんとか走り切ることに成功。
さすがに疲れたけど去年よりもかなり体力を残すことができたのが収穫でした。

お二人ともこのライドに付き合ってくれて本当にありがとうございました。

今年はもう走りません!(笑)

LOOK 586-Edge520-NEUTRON ULTRA

乗車時間:8時間0分16秒
距離171.02 km
平均速度:21.4 km/h
平均ケイデンス:69 rpm
平均心拍数:125 拍
最高心拍:170 拍
消費カロリー:4,043 kcal
高度上昇値:3,089 m
左/右バランス:
平均気温:28.2 ℃

↓自転車ブログランキングに参加しています。クリックして応援していただけると嬉しいです!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

やはり涼しいは正義!(笑)

今日は午後から雨予報だったため午前中に少し走ろうと思い7時に起床。

ゆっくり準備して8時半くらいに出発しようかな? と思っていたら6時半くらいにエースクライマーから7時30分くらいに矢野口到着するけど走れるか? という連絡が来てました。

まだスネ毛を剃っていなかったため7時半は無理で8時ならなんとかいけるかもと伝えたら8時まで待ってくれるとのことでしっかりスネ毛を剃って(笑) 8時にV坂の麓でエースクライマーをキャッチアップ。

すでに9本上っていたよ‥。

ということで当然私はV坂に上らず(笑) 3時間くらいで終われる津久井湖周回を選択。

エースクライマーは平日に他チームのパイオニア練なるものに参加させてもらってあまり踏めないとのことなので先頭で走りましたが尾根幹線の序盤の坂から前に出てきてなかなかの強度で踏んできたのでやはり今日もある程度の強度を覚悟(笑)

長い坂はまったく勝負にならないけど尾根幹線くらいの短い坂ならなんとか対応できる‥。とはいえ若葉台の坂だけは離される可能性が大なのでここは先頭に出てできる限りの強度で上りなんとかパックで上りきることに成功。

ここからもいい感じの強度で走ることができました。

というのも今日は非常に涼しい!
ここ最近の夜よりも涼しく感じて平日の個人夜練よりも断然楽に感じます。

今週はRXRのインナーワイヤーが変速レバーの根元で切れてしまい、私では引き抜くことができなかったため久しぶりに夜練も今日もLOOK 586に乗っています。

パワーメーターが付いていないのでTSSがわからないのですが、過去に同じルートを何度も走っているので過去のTSSからなんとなく推測してい凌いでいます。

パワーメーターがないと自転車に乗るのを少し躊躇してしまうようになってしまいました。
走行中はほとんどパワーを見ないのですが、データの蓄積ができないというのが難点でデータの蓄積ができないならパワーメーターが使えるようになるまで走らないほうがデータの正確性が失われないと考えてしまうというのが自転車に乗りたくないという大きな要因です。

f:id:timevxrs:20180901220614j:plain※平日夜練で久しぶりに乗ったLOOK 586は「ここまで進まないか?」という印象。

今日はLOOK 586が進むと感じました。

所有する2台のロードバイクの特性が違いすぎて片方に偏ると乗り換えた際の違和感がもの凄くありますが、乗り方さえ思い出せばしっかりと進んでくれました。

久しぶりに乗った時は多摩丘陵病院坂でも進まなくて36Tの恩恵がまったく感じられませんでしたが、今日はしっかりと感じることができました。
10%くらいの坂をシッティングで乗り切るために36Tは非常に有効です。

コンポーネントとホイールそれ以外のパーツもまったく同じ構成なのでフレームの違いだけでここまで違うと感じると思うとやはりフレーム選びは重要だなと実感しました。

津久井湖周回は先頭で入り最初の坂の途中で予想通りエースクライマーが前に出てきたので、一旦静観してから最後で追いつこうと思いましたが4秒差‥。

余力がある状態で一つ目の坂を越えたのでここから以前に私が設定したセグメントのKOMを狙うべく下りも踏みます。
エースクライマーが遅れたのでKOM狙い+空いた差をどこまで維持できるかチャレンジの開始(笑)

全然エースクライマーが追いついてこないなと思いつつも強度は落とさず先着!

しかしあまりにも遅いので携帯を確認したらどうもこの進行方向でルートを走るのは初めてだったらしくルートを外れていたとのこと。
さらに10分ほど私から連絡がなかったためとりあえず帰宅するとのこと‥。

またやっちゃった! この進行方向ルートが初めてだったとは思いもしなかった‥。

そして帰宅後楽しみにセグメントの確認をしたらセグメントが認識されていなかった‥。

そのため再度同じセグメントを作成してみたら見事KOMゲット!
でもライド後に設定したセグメントだからフィード上にはKOMマークつかなかった‥残念。
信号なしの約9kmのセグメントです。是非チャレンジしてみてください!

一旦ファミリーマートでドリンク補給してここからは単独ライドとなります。

単独だと目標を見失ってしまうのですが、それを回避するため平均速度30km/h以上を目指します。
まぁモニターに平均速度を表示させていないのであくまで感覚で狙うしかないのですが‥(笑)

感覚的な目標設定でしたがそのおかげで最後まで踏むことができて今日は満足。
エースクライマーには悪いことをしてしまいましたが‥。

f:id:timevxrs:20180901223720j:plain
※涼しかったですが、それなりの強度だっためドリンク切れまくり。

帰宅後パワーメーターが使えない状況を早く打破するため、なるしまフレンドにRXRと異音がしていたシャマルウルトラを持ち込み。

1時間弱でできるとのことでしたが、シャマルウルトラのフリーが逝っていたため、取り寄せ対応となり残念ながらパワーメーター利用は来週へと持ち越しとなりました。

LOOK586にパワーメーターつけちゃえばいいんですけどね。
面倒臭いのと現状ではRXRの方が私に合ってるため戻ってきたらすぐに乗れる方がいいのでクランク交換はナシ。

このくらい涼しかったらもっと距離を乗りたいところですが最近天気が不安定すぎて走れないというのは悲しいですね。

LOOK 586-Edge520-NEUTRON ULTRA

乗車時間:2時間23分46秒
距離:73.45 km
平均速度:30.7 km/h
平均ケイデンス:84 rpm
平均心拍数:137 拍
最高心拍:175 拍
消費カロリー:1,463 kcal
高度上昇値:672 m
左/右バランス:
平均気温:27.4 ℃

↓自転車ブログランキングに参加しています。クリックして応援していただけると嬉しいです!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

踏めないのは暑いからか? 実力がないからか? 結論:実力がないから(涙)

今日はエースクライマーと久しぶりのライド。
チームメイト数名は合宿と称して長野でライドしている模様。
羨ましい‥。

久しぶりにエースクライマーとのライドなので少しくらいいいところを見せられたらいいなと思いライドスタート。

今日のルートは矢野口起点で尾根幹線・大垂水峠・雛鶴峠の往復としました。

久しぶりに8月上旬の猛暑を思い出させてくれる気温で尾根幹線が終わった頃にはダメージ大‥。
走っちゃいけない気温を久しぶりに思い出させてくれました‥。

さて久しぶりの大垂水峠
序盤は先頭で入り垂れないように走ります。
中盤くらいでエースクライマーが先頭に出て引いてくれます。
5%くらいまでは特に問題なく引いてもらっている感じがして楽なのですが、相変わらず7%超えると淡々と上っているという感じがしなくなります。
でもほとんど日陰で涼しかったので離されてからも淡々と踏んでとりあえずPR。
いいところを作るのはここだったなとライド後に思う。
後先考えずここで勝負仕掛けるべきだった‥。
と、言い切れるくらいこの後はまったく踏めなくなります。

あまりにも暑くてエースクライマーからも雛鶴峠回避してもいいのでは? という言葉がありましたが、週間200kmを達成するためだけに雛鶴峠まで行くことを希望。
そして撃沈‥。

もうまったく踏めなくて序盤から一人旅‥。
こんなに早く一人旅になったのは初かも。
饅頭屋さんでもしかしたら停まってるかな? なんて淡い期待をしましたが当然おらず雛鶴峠を上ります。
そしてインナーローで蛇行する始末‥(笑)

PRの4分落ちでまぁ暑いから仕方ないなという言い訳はできないんですよね。
エースクライマーは普通に走っているわけですから。

f:id:timevxrs:20180825154459j:plain※あぁ勝ちたいなぁ‥。

f:id:timevxrs:20180825154539j:plain※脚パンパン‥。

f:id:timevxrs:20180825161215j:plain
※逝っている写真(笑)

饅頭屋さんでドリンク補給後再び大垂水峠へ。
ここが一番ダメで入り口から一人旅‥。
もう踏めないしインナーローでも重いと感じるしで最低な感じ。
これだけ短い峠にもかかわらずPRの3分落ちって‥。

大垂水峠下りきってセブンイレブンでがっつり補給。
エースクライマーに習って氷を背中に入れてみたけど冷たすぎて断念(笑)
皮膚が薄いらしく暑いのも冷たいのも直接当てられないんですよね。
温泉とか慣れるまでにとんでもなく時間かかかるし、不意に冷たいものつけられると絶叫するタイプです(笑)

町田街道に入ってからは攣る一歩手前状態となりますが、エースクライマーが先頭に出ると強烈に引いてくれるので悶絶しながらなんとかゴール。

しかし同じ条件で走っているエースクライマーとの力の差を思いっきり突きつけられるライドでした。

でも勝てる相手と走るより、まったく勝てない相手に食らいつこうとする方が成長はすると思うのでこれはこれでありがたいな。
今日は食らいつこうにも勝負までも行かなかったけど‥(涙)

TIME RXR Ulteam-Edge520-NEUTRON ULTRA

乗車時間:4時間55分34秒
距離:139.03 km
平均速度:28.2 km/h
平均ケイデンス:84 rpm
平均心拍数:142 拍
最高心拍:176 拍
消費カロリー:2,961 kcal
高度上昇値:1,748 m
左/右バランス:52% 左/48% 右
平均気温:32.9 ℃

↓自転車ブログランキングに参加しています。クリックして応援していただけると嬉しいです!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

北海道の湿気と地元の湿気はレベルが違かった‥。

月曜日から水曜日まで夏季休暇を利用して北海道に行ってきました。

先週は風邪などの影響でほとんど走れなかった上に旅行中は当然自転車には乗れないので日曜の夜に普段のナイトライドよりも少し長い距離を走っておきました(笑)

この何気なく走ったルートが意外とよかったのでまた走ろうと思います。

さて昨日の夜に帰宅しそのままソファーで爆睡‥。
当然真っ当に起きられず11時前に出発。

北海道も結構暑くて湿気もあんまり変わらないんじゃないかな? なんて思ってましたがやはりこちらの方が圧倒的に湿気がありますね‥。

尾根幹線の三段坂を終えたところで帰りたくなる(笑)
でもせっかく出たから尾根幹線は最後まで行くことにし何も考えずに坂を下って町田街道へ。

しかし16号手前(約20km地点)で本気でで帰ろうと思う。

珍しく平地が辛くてキツい。
逆に上りは最近手を抜かないようにするのが染みついてきたのかまだマシな感じ。

そのため津久井湖の北側の坂区間だけできるだけがんばって今日は終了! といきたかったけど、帰路尾根幹線の終盤からゲリラ豪雨‥。

f:id:timevxrs:20180824203638j:plain
※このルートで途中停まるのも久しぶりな気がします。

全然踏めないしビショビショになるし物凄くテンションが下がって蓮光寺のバス停で雨宿り‥。

f:id:timevxrs:20180824203308j:plain※普段だったら絶対そのまま走っている。

普段雨くらいでは雨宿りしないのでよほどテンションが低かったのでしょう‥(笑)

路面はビショビショでしたか雨がやんだので再び走り出したら5分もしないうちにゲリラ豪雨に襲われる‥。

シューズの中まで水が入って大ダメージ‥(ニューシューズだった‥)

なんだか生活態度を改めないといけないかもしれないな‥なんて思うくらいのライド内容でしたがとりあえず走らなければいけないから走りました(笑)

TIME RXR Ulteam-Edge520-NEUTRON ULTRA

乗車時間:2時間32分21秒
距離:79.98 km
平均速度:28.0 km/h
平均ケイデンス:82 rpm
平均心拍数:134 拍
最高心拍:172 拍
消費カロリー:1,512 kcal
高度上昇値:741 m
左/右バランス:52% 左/48% 右
平均気温:31.2 ℃

↓自転車ブログランキングに参加しています。クリックして応援していただけると嬉しいです!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

体調崩したけどなんとか実走できた‥。

土曜日はチームメイトとメンバーのご友人とのライド。

週始めから体調が優れないな‥と思ったら風邪ひいてました‥。

お盆でしたが私は翌週に夏季休暇を取得しているため通常通り働いていました。

まあまあな忙しさの上に体調が悪くなんとか病院で薬を処方してもらいなんとか凌ぎ、金曜日の時点で完調してはいませんでしたが今年初めて平日に一回もサドルに跨がらなかったためなんとしても土曜日になりたいと思いチームメイトのライドに参加させてもらうことに。

集合は少し遅めの8時30分矢野口。

しっかり睡眠をとりたかったのでこれはありがたかったです‥。

チームメイトのSさんとSさんの会社の同僚のIさんと走り始めます。

ルートは「尾根幹線-津久井湖北側-道志ダム」でペースはかなりマッタリでした。
でも今日はこれがいい感じでさすがに50kmくらいまではどんな体調か様子を見たかったです。

当日はかなり涼しく楽に走れたので道志ダムゼグメントに入る前の急坂で力を入れて踏んでたら疲れたけど悪くはない感じだったので、道志ダムセグメントの手前からシッティングで踏み込んで道志ダムまで出来る限り踏んでみる。

上手く乗れてる感じがまったくしませんでしたがとりあえずPR。

さすがにここまで涼しいと体調が悪くても踏めます。
涼しくなったら成長を感じられることを目標にしていましたが少しは成長したかも‥。

さすがに病み上がりなのでそれ以降強く踏みませんでしたがそれでも安定的に出せる出力を意識して走りました。

全体を通して強度が低かったため疲労なしと思っていましたが翌日とんでもない疲労感に襲われていました‥。

病み上がり恐るべし‥(笑)

f:id:timevxrs:20180824202350j:plain※やっぱりSさんおケルビムは最高に格好いいなぁ。

TIME RXR Ulteam-Edge520-NEUTRON ULTRA乗車時間:4時間6分15秒

距離:101.28 km
平均速度:24.7 km/h
平均ケイデンス:82 rpm
平均心拍数:121 拍
最高心拍:170 拍
消費カロリー:2,090 kcal
高度上昇値:1,351 m
左/右バランス:52% 左/48% 右
平均気温:26.6 ℃

 

campagnolo(フリガナ: カンパニョーロ) SUPER REC EPS ERGOPOWER 11S レバー EP12-SR1CEPS

campagnolo(フリガナ: カンパニョーロ) SUPER REC EPS ERGOPOWER 11S レバー EP12-SR1CEPS

 
campagnolo(フリガナ: カンパニョーロ) EPS RECORD Rメカ 11s 264900001 RD12-RE1EPS

campagnolo(フリガナ: カンパニョーロ) EPS RECORD Rメカ 11s 264900001 RD12-RE1EPS

 

↓自転車ブログランキングに参加しています。クリックして応援していただけると嬉しいです!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村